スマホゲームのリセマラとか序盤の雰囲気とかを思ったままに紹介。個人的な感想を正直に書いていくぶっちゃけリセマラ紹介ブログ。

ラブクロリセマラやり方・序盤雰囲気【ライブラリークロスインフィニット】

rabukuro-aikya

まいどどーも!俺です!

2018年1月25日リリース「ライブラリークロスインフィニット」について、リセマラと序盤の雰囲気/やってみた感想を紹介します。

ラブクロ/ライブラリークロスインフィニット:リセマラ概要

レア度 確率 
星5 3.8%
星4 17.0%
星3 79.2%

リセマラ可能。

最高レアは星5で排出確率は3.8%。割とぽんぽん出る。

推しキャラがいるのであれば是非とも狙っていきたいが、そうなると確率が0.26%まで下がるので、ある程度の妥協は必要かも。

リセマラ効率は1周15分で16回のガチャ⇒1.06回/1分。まぁまぁかな。

インストールはこちら

iOS ⇒Android

Sponsored Links




ラブクロ/ライブラリークロスインフィニット:序盤の雰囲気

乙女ゲーで有名な薄桜鬼とかAmnesia(アムネシア)とかのキャラが登場するからかなんか知らんけど事前登録者数が70万人は正直びっくり。

(たぶん本当はそんなにいないだろうけどw)

まぁそのおかげで、事前登録特典の石がいっぱい貰えるからええけど。

特典の受け取り期間は、リリース後3週間までだから興味がある人は早めに!(リリース日1/25)

ダウンロード・ストーリー音声ダウンロード

1回目のデータダウンロード。割と長め。

終わったらストーリーが始まる。

今後もストーリーパートが多々あるが、全てのストーリー開始前に音声を再生するかどうかの確認が入る。

ちょっとうっとうしい。

rabukuro-sentaku

「再生する」を選ぶと音声データのダウンロードが始まり、無駄に時間がかかるので「再生なし」を選ぶ。

ストーリー

ストーリー内容に興味がある人はリセマラ1周目は見ておくといい。

興味があるからやってんだよ、って話やけどね。

俺は興味無いからストーリーが始まったら画面右上からスキップ。ひたすらスキップ。

男の俺が男に興味あったら逆に怖ぇけど…。

オープニング・2回目のデータダウンロード

オープニングムービーが流れる。

どう頑張ってもスキップできなかったから俺氏じっと待つ。

そして2回目のデータダウンロードでさらに待つ。

名前設定

名前の設定は重複・変更可能。

リセマラ中は適当に決めてOK。

バトルチュートリアル

rabukuro-battle1

チュートリアルでバトルについて詳しく説明が入る。

ゲームシステムはいわゆるチェインパズル。つむつむみたいなランダム落下配置ではなく、場所がしっかり決まっている形式。

同じ色のピースをできるだけ多く繋げてチェイン数を稼いで敵に攻撃していく感じ。

rabukuro-battle2

wave3に分けて基本的な操作方法や、スキルやボムの種類、フィーバーなどを教えてもらう。

最後はボスを倒してバトル終了。

パートナー選択

rabukuro-partner

以下の3人から自分のパートナーを選ぶ。(パートナーはいつでも変更可能)

  • 亜古良
  • 詠智

見た目や声優で選んでね。

3回目のデータダウンロード

最後のデータダウンロード。

ここでは星4のパートナーを以下の5人の中から1人選べる。

  • 土方歳三
  • シン
  • 結賀駆
  • 片桐金太郎
  • リシャルト

rabukuro-hosi4

俺氏は唯一名前を聞いたことがある土方歳三を選んだよ。

まあ銀魂の土方さんしか興味ないけど。

パートナー編成・強化

指示に従いパートナーの編成、強化を済ませる。

その後ログインボーナスなどを受け取る。

ホーム画面に戻ったら初心者ミッションでメインストーリー1章に入る前まで強制的に移動させられる。

無視してフッターメニューの「トップ」からホーム画面に戻る。

特典・プレゼント

rabukuro-present

やっと自由に動けるようになるので「プレゼント」からさっそく受け取れるアイテムを回収。

プレイ時点(1/25)ではラブクロストーン164個もらえた。

ガチャ

rabukuro-gatya

ガチャは1種類しかない。

プレイ時点(1/25)では、10連ガチャ1回と単発ガチャ6回まわせた。

ガチャの回数的に星5のパートナーを1体引けたら当たりかな。2体だと大当たり。

どうしても推しキャラが欲しい人は、0.26%の壁を頑張って越えてください。

ここで星5パートナーが出なかったらリセマラ続行。

rabukuro-saitou

俺氏はリセマラ1回目で薄桜鬼の斎藤一が引けた。

Sponsored Links




ラブクロ/ライブラリークロスインフィニット:やってみた感想

乙女ゲーはわからん!(←なぜ記事書いたw)

ただね、いろんなゲームを見てきたおかげか、薄桜鬼とかAmnesiaの名前は聞いたことある。

で、やはり登場キャラがメインであり、もっとも重要な内容であることは分かるわけですよ。

そうすると、なぜパズル要素がいるの?と素朴な疑問を抱くわけですよ。

誰か答えを教えて。だってこの内容のパズルだったらツムツムの方が面白くないか?

キャラを楽しみたいのに、パズルをクリアしなきゃだめって、っそれパズルゲームというよりパズルが邪魔してないのか?

わからん!

でも、好きなシリーズのキャラが大集合してていろいろストーリーとか見れるなら確かに女性は嬉しい…のかな?

男だってギャルゲーとかやるしね。まあ、取り扱ってるシリーズのどれかが好きな人は軽くやってみてもいいかも知れないゲームだった。

興味がある方はこちらからインストール

iOS ⇒Android

Sponsored Links




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。