【カンフー娘】リセマラ当たりとやり方紹介。アカウント切替を使おう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
kanhumusume-top

カンフー娘のリセマラ記事です。

2018年9月20日リリース「カンフー娘」について、リセマラと序盤の雰囲気/やってみた感想を紹介します。

カンフー娘:リセマラ概要

レア度 確率 
UR 2.5%
SSR 5.0%
SR 12.5%
N,R 80.0%

リセマラ可能。最高レアは2.5%とちょっと低めの設定がされている。

ガチャでは元宝を単発200個、10連1800個使う。リセマラは1周11分でガチャ5回引ける。

⇒リセマラ効率はガチャ0.45回/分。いやー…悪いねー。あんまりリセマラはおすすめできない。

さらに特筆すべきこととしては、アプリ削除じゃデータが消えない。

アカウント管理で適当にメール入力して登録完了した後にアプリ消さないといけない。

Androidじゃその方法も通用しないからGoogleアカを変えなきゃいけない。やってらんないねw

インストールはこちら

⇒iOS ⇒Android

Sponsored Links




カンフー娘:序盤の雰囲気

言ってしまえば割と良くあるゲームの1つって感じかなw

バトルはオート。キャラは可愛いのが揃ってる。気になるのは絵師によって結構キャラのタッチが変わる事。

チュートリアルが長くて、クエストが長々と3章まで続くからリセマラは結構大変。

名前・アバター設定

始めに名前を決定。

名前は後から1回無料で変更できる。重複も可能。なのでこの辺は適当でOK。

チュートリアル

これが長い。3章までやらなきゃいけない。

指示された場所をひたすらタップし続ければ進んでいくから考えることは少ない。

けど、作業量がやったらめったら多い。

クエスト1-1から始まってクエスト3章クリアまでプレイするんだが、その間ガチャとか合体とかある。

ガチャはSR摘美が固定、合体はSR楚乃が固定で出てくる。

注意してほしいのは4-1に進められそうになるが、すでに自由に動けるからホームに戻るように操作すること。

特典・プレゼント

ガチャのチュートリアルが終わったら自由に動けるようになったので、さっそく受け取れるアイテムを回収。

プレイ時点(9/20)では元宝が1100個程もらえました。

ボーナス・ログイン報酬・交流広場とか結構色々受け取るところがあるから要注意。

ガチャ

娘ガチャと装備ガチャの2種類あるが、娘ガチャを優先。

単発5回のガチャ引いて、その後図鑑報酬を受け取った後、再度単発1回を引く。

合計6回のガチャなのだが、実は始めの1回目だけは何と結果が「SSR楓」で固定である。

石使ってんのにそれはねーだろって仕様だが、SSRとなれば話は別。むしろありがたい。

アカウント切り替え後にアプリ削除

リセマラするときはまずトップ画面に戻る。

で、アカウント管理からデータ連動する必要がある。

入力するメールアドレスは適当にその場で思いついたhogege@gmail.comとかでOK。

これでアカウント別のものに切り替えたらいいかと思ったら…なんとそんな機能が無い。

驚くことに、連動した状態になってからアプリ削除するとようやくデータが切り替えられるようになる。

この時点でとてもややこしいのだが、これができるのがiOSだけである。

AndroidはGoogleアカウントを切り替えないとアプリ削除しようが何しようがデータが消えない。

これはねー、ちょっとリセマラはおすすめしない。

Sponsored Links




カンフー娘:やってみた感想

良くあるオートバトル式の美少女シミュレーションメインRPGって感じかな。

やっていくうちに戦略性とか出てくるのかは知らないけど、女の子愛でながらだらだら遊ぶには良いと思う。

リセマラは記事で書いている通り、出来なくはないけどすこぶる面倒臭い。

これで確率が10%くらいなら、まだリセマラ頑張る気になるし、逆に0.2%とかなら諦められるのに…

なんとも言えない2.5%という数値。諦めきれない俺氏。辛いところやなぁ。

ちなみに事前登録特典の受け取りが9/24までだから、始めるなら今がチャンス!…だと思う。

インストールはこちら

⇒iOS ⇒Android

Sponsored Links




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。