【ゴエティアクロス】リセマラ当たりSRキャラとやり方【ゴエクロ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
goetia-top

ゴエティアクロスのリセマラ記事です。

まいどどーも!俺です!

2018年9月27日リリース「ゴエティアクロス」について、リセマラと序盤の雰囲気/やってみた感想を紹介します。

ゴエティアクロス:リセマラ概要

レア度 確率 
SR 2.7%
R 31.1%
N 66.3%

リセマラ可能。最高レアは2.7%と少し低めに設定されている。

リセマラはバトルの回数は多いものの、1バトル30秒くらいだから良い感じにさくさく進める。

といってもチュートリアルの工程が多すぎでリセマラ1周に10分はかかるかな。

ガチャは全部で22回引けるから時間効率は、2.2回/分。かなり良い数値になっている。

インストールはこちら

iOS ⇒Android

Sponsored Links




ゴエティアクロス:序盤の雰囲気

ゲームシステムは、基本見ているだけのオートバトル。

必殺技だけはしっかり手動でやんなきゃ発動できないみたい。

キャラのデザインが可愛いから見てるだけでも楽しめる。

OP・名前設定

外部連携と「連携しないではじめる」を選択してゲームスタートすると、オープニングムービーが流れ始める。

画面を一度タップすると右上にスキップボタンが表示されるのでそこからスキップ。

ストーリーが気になる人はリセマラ1周目だけしっかりストーリーを見るのもアリ。

次に名前設定。後から変更できるからこの辺は適当でOK。

チュートリアル

チュートリアルバトルは全部で6戦。

バトル数は多いけど基本は見ているだけだし、1戦30秒くらいで終わるからサクサク進められる。

バトルシステムは通常攻撃とスキル攻撃を駆使して戦うセミオートバトル。

LB(リミットブレイク)だけは必ず手動で発動する必要がある。

キャラアイコンがキラキラ光ってたらLBできるよ!という合図。

発動方法は、キャラアイコンをタップしてスキルを選択し、攻撃したい対象をタップで指定するだけ。

スキルの発動方法と変わらないから覚えやすい。ちなみにチュートリアル中に発動するとチート級のダメージが出るw

バトル6戦目でボスが出てくるからそれをLBで倒したらチュートリアルバトル終了。

データダウンロードが終わったら「魔導戦」とやらの勢力を決める。

4勢力あるみたいだがカードが裏向きでシャッフルされて、その中から1つ選択するから自分の好きな勢力は選べない模様。

勢力は一定期間で切り替わるからまぁ、特に気にしなくてもいいのかな?

フレンドと一緒にやりたい!って人には少し面倒な使用かもなー。

勢力を決めたらお待ちかね無料10連ガチャ。無料10連でも最高レアが出るから、是非とも狙っていきたい。

ここで1体でもSRキャラが出たら幸先良い。ガチャで入手したキャラを編成して、クエスト1-1に出発。途中退出不可だった。

クエストをクリアしたらようやくチュートリアルの全工程が終了。

特典・プレゼント

自由に動けるようになったので、さっそく受け取れるアイテムを回収。

プレイ時点(9/27)では、ガチャ通貨のジェムが3600個もらえました。10連できるのはありがたい。

ガチャ

ガチャはキャラガチャの1種類のみ。狙うのはもちろんSRキャラ。

ジェムが3600個あるから10連ガチャ1回と単発ガチャ2回。

最高レアSRのキャラは全部で26体いるから特定のキャラ狙いはまず無理だと思う。

排出確率が2.7%と少し低いけどガチャ回数が22回と割とあるから割と狙える。最低でも2体は引いておきたい。

Sponsored Links




ゴエティアクロス:やってみた感想

キャラが可愛い。こういう雰囲気のは俺氏好みである。きっと好きな人も多いと思う。

バトルシステムはよくあるセミオートバトル。

だけどキャラの育成方法や配置によって戦い方がガラっと変わるから、戦略の要素もあってなかなか面白い。

操作はタップだけで難しいことは何もないから誰でも気軽に楽しめるのは良いかな。

一部のキャラクターにはLive2Dの機能が実装されているから、やたらヌルヌル動くキャラを楽しめる。

今や定番となったホーム画面のキャラのお触りは外せんね。

欲を言えばもう少し最高レアの排出確率上げてくれたらいいんだけどねw

インストールはこちら

iOS ⇒Android

Sponsored Links




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。