スマホゲームのリセマラとか序盤の雰囲気とかを思ったままに紹介。個人的な感想を正直に書いていくぶっちゃけリセマラ紹介ブログ。

スイートメーカー(SweetMaker)の序盤雰囲気とやってみた感想

まいどどーも!俺です!

2018年1月9日リリース「SweetMaker(スイートメーカー)」をやってみたので序盤の雰囲気と感想を紹介します。

SweetMaker(スイートメーカー):リセマラ概要

sweetmaker-kakin

リセマラ不要。ガチャがそもそもない。

課金アイテムは主にパズルクリアの為のアイテムであり、あれば嬉しいけど別になくてもゲームは十分プレイできそう。

最後のステージまで到達したいのであれば必要になってくる程度のもの。

インストールはこちら

iOS ⇒Android

Sponsored Links




SweetMaker(スイートメーカー):序盤の雰囲気

よくある海外製の3マッチパズル。

リニューアルなのか新規なのかあまり調べてないから分からないけど…とりあえず既視感は非常に強いw

ちなみにアプリ削除でもデータが消えない。

チュートリアル

インストール後は唐突にパズル開始。

sweetmaker-tyuto2

そして基本的な操作やらアイテムやらの説明が始まる。

あまり読まなくても直感通りの操作で普通できる。

パズルをクリア→ステージ選択→次のパズルをクリア…を繰り返してどんどん進めていく。

sweetmaker-stagesentaku

最初の5ステージをクリアするとログインボーナスを貰えて、一応チュートリアルが終わったような形になる。

sweetmaker-login

ゲームを進める

ガチャとか名前設定とかそういったものは一切無く、そのままどんどんパズルのステージをクリアしていく。

ステージ5からも新アイテムが出る度にチュートリアルのようなものが入りつつ進んでいく。

ステージは確認した限りではどうやら300まで存在するらしい。

sweetmaker-300

始めの10ステージは超簡単でさくさく進めるけど、後からどんどん運ゲー要素強くなってくるんだろうねー…w

sweetmaker-tyuto1

そしたら無料で貰えている課金アイテムとか使ってごり押して、足りなくなったら課金してもらう感じかな。

Sponsored Links




SweetMaker(スイートメーカー):やってみた感想

見た目通りのよくある海外製3マッチパズル。

個人的に面白いかと言われれば見飽きちゃってほぼ面白みを感じないw

アイテム使用時のパズルの消え方がなかなか大きいと思う。

だからこそさっき言った通り、アイテム作れないとなかなかクリアできないような運ゲーになりやすいのではないかと思う。

…まぁ、3マッチパズルってみんなそうだけどねw

がっつりやる人より子供と一緒に「すげー!いっぱい消えた!」って言いながらわいわい親子で楽しむゲームだった。

ちょっとした暇つぶしにはなるかな。

興味がある方はこちらからインストール

iOS ⇒Android

Sponsored Links




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。