神剣のバクヤリセマラ不要。オート機能でレベル50まで一気にレベル上げ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
shinkennobakuya-aikya

神剣のバクヤ-Sword Warriors-のリセマラ情報です。

まいどどーも!俺です!

2018年8月24日リリース「神剣のバクヤ-Sword Warriors-」について、リセマラと序盤の雰囲気/やってみた感想を紹介します。

ガチャ要素が無いのでリセマラ不要。どんどん進めてレベルアップしよう!

神剣のバクヤ:リセマラ概要

リセマラする程のガチャ要素がないのでリセマラ不要。

ラッキールーレットというガチャに近いシステムは存在しているが、課金分の元宝でしかまわすことができない。

※課金通貨である「元宝」は、無料配布分と課金分で区別されている

課金分の元宝はルーレットの他にも装備解放など、ゲームを進める上で有利になるコンテンツの多くの要素に関係している。

インストールはこちら

iOS ⇒Android

Sponsored Links




神剣のバクヤ:序盤の雰囲気

全世界で1000万ダウンロードを突破した熱血本格王道MMORPG。らしい。

自動戦闘システムが搭載されてて、レベルが50になるまで全てオートで進めていってくれるみたい。

完全オートプレイのゲームは、自分がゲームしてる感が無いから俺は苦手なんだなぁw

ちなみにタイトル変更前は「ソードウォリアーズ-無双神剣-」っていうタイトル名だった。変えた意味があったのかは不明w

名前・アバター設定

始めにニックネームとアバターを決定。

性別も名前も後から変更できるからこの辺は適当でOK。

ログイン

ログイン方法は、「EYOUGAME・Facebook・Twitter・ゲスト」の4種類から選択可能。

リセマラ不要だからどのログイン方法でもいい。自分のやりやすいやつを選択。

ログインが完了したら次はサーバー選択。

この記事を作成した時点(9/7)では、全部で8つのサーバーが解放されてた。

サーバー2~7は「ヒット」と表記されてたから1000万ダウンロードは伊達じゃないことが分かる。

キャラ作成

キャラは男か女の2択。俺はもちろん女を選択。見た目でモチベ上げなきゃ男じゃねえ。

名前は重複不可だから注意(サーバーが違うと大丈夫っぽい)

あとレベル60以下なら1回だけ無料で名前変更可能。(レベル60以降は課金アイテムが必要だから注意!)

指示に従って進める

神剣のバクヤにはチュートリアルが一切無い。

キャラを作成したらゲームが速攻始まって、フルオートでどんどんストーリー(任務)が進むから最初はえっ!?…えっ!?って感じw

画面右下の「マニュアル・オート」ボタンをタップするとオート・手動を切り替えれるから自分で操作したい人はマニュアル操作に切り替えよう!

マニュアル操作はよくあるアクションゲームと同様に、画面左側のバーチャルパッドで移動、画面右側のスキル・アクションボタンで攻撃って感じ。

操作がめんどくさくなったらオートに任せて息抜きできる。ってか結局古オードで放置することになると思う。

事前登録特典受け取り

画面下部チャット欄の上辺りにメールマークが表示されるから、そこから事前登録特典を受けとる。

プレゼントで元宝が合計1150個受け取れるんだけど、アイテムアイコンに鍵がかかっててすぐには獲得できなくなってるみたい。

プレイヤーレベルが10になったら、バックから所持アイテムを確認して鍵付き元宝を一括使用で普通に使用できるようにしておくと良い。

Sponsored Links




神剣のバクヤ:やってみた感想

安直だけど、本当にザ・王道MMORPGという印象。

装備・報酬受け取りも、一定秒数が経過するとタップ判定になり自動で受け取ってくれるから完全に放置でOK。

任務をこなしていくと強い装備が入手できたりスキルも解放されていくから、短時間で戦闘力がごりごり上がっていく。

スキルの演出も派手で雑魚敵なら一撃で一掃できるから、MMOならでは爽快感溢れるバトルを楽しめる。

育成に詰まってきたら、元宝で経験値増加アイテムを購入して一気に経験値を集めて強化していくと効率的に進められると思う。

通常のストーリーの他にギルド戦や結婚システムもあるから、やろうと思えば結構他のプレイヤーと絡むことも出来る。

インストールはこちら

iOS ⇒Android

Sponsored Links




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。