籠庭のクックロビンはリセマラ不要。序盤の雰囲気とやってみた感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
kagoniha-aikya

まいどどーも!俺です!

2018年1月10日リリース「籠庭のクックロビン」について、序盤の雰囲気とやってみた感想を紹介します。

籠庭のクックロビン:リセマラ概要

kagoniha-shop

リセマラ不要。ガチャがそもそもない。

課金アイテムは主にスタミナ回復やストーリー上での選択肢による変化などが分かるアイテムであり、別になくてもゲームは十分プレイできる。

インストールはこちら

iOS ⇒Android

Sponsored Links




籠庭のクックロビン:序盤の雰囲気

話をどんどん進めながら、折々に出てくる選択肢を選んでいくのが主なゲーム性だと思われる。

ホラーというかミステリックな雰囲気が漂うストーリーメインの内容。

ゲーム中に出てくる選択したものによって真狂ゲージが変化していく。

真側か狂側へ完全にゲージが振り切るとどうなるかまでは確認していない。

主人公の様子に変化が出てきたり、狂側に振り切るとゲームオーバーになったりするのだろうか。少し気になる。

ホーム画面

アプリを起動すると、ひと昔前のスーファミのゲームのようにまずはホーム画面が開かれる。

チュートリアルやオープニング、名前設定といったものは入らない。

無難にGAME STARTを選択して進める。

本編ストーリー開始

kagoniha-story1

ストーリーが開始される。

主人公の名前はロビン。

どうやら孤児院から怪しいおっちゃんが住んでる館へ奉公に出されたらしい。

会話が下側に流れるので、話を読みながらどんどん進める。

kagoniha-sentaku

始めの選択肢とか選びつつどんどん進める。

そして館主のおっちゃん登場。

kagoniha-gekkoukamen

完全に月光仮面。

月光仮面は気分屋だとか、メイドのおばちゃんが結構怖いとか、眼の様子がおかしい女の子は同い年とか…

そんな感じのキャラ設定を聞きながら話を進んでいく。

少し進めたのでトップ画面に戻って色々確認してみたけど、特筆すべきことはあまりなかったかな。

再びストーリーに戻ろうとするとこんな感じのストーリー選択画面がでてきた。

kagoniha-main

そして新しいストーリーを読むのにスタミナ10消費(後半変わるのかな?)ということが分かった。

1つのストーリーをしっかり読んでいくと大体5~10分くらい。スタミナMAX値は100。

スタミナ無限アイテムとか使わなくても、昼休憩中とかに楽しめるくらいの時間は十分遊べるかと思う。

Sponsored Links




籠庭のクックロビン:やってみた感想

個人的に雰囲気は結構好きだった。

あ、俺氏ホラーはダメなんだけどねw

主人公のロビンがあまりに不健康そうで、出てくるどの登場人物より一番怪しいと思ったw

kagoniha-syujinkou

ストーリーはあまり進めていないが暇つぶしには良さそう。

ただ、アプリがいきなりフリーズしたり突然落ちたりする。

気持ちが物語に入りつつあるタイミングで落ちるもんだから、まー萎える萎える。

俺のエクスペリアちゃんがいけないのだろうか…

どっちにしても萎えるもんはしょうがない!w

普通に動いてくれるのであれば、ゲーム的に詰まるようになるくらいまでは進めてみても良いと思うゲーム。

Sponsored Links




興味がある方はこちらからインストール

iOS ⇒Android

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。